So-net無料ブログ作成
のんびり散歩 ブログトップ
- | 次の10件

満開食堂〈らくだ〉 [のんびり散歩]

 千歳烏山にちょっといいレストランを見つけました。
 お昼だけやっている定食レストランで店の名は〈らくだ〉といいます。

  http://park10.wakwak.com/~kouzou/iwa-rakuda.htm

「地産地消・旬産旬消」のことばからもわかるように、食材にこだわったランチを楽しむことができます。
 定食は肉類をメインにしたAと魚類をメインにしたBの2種類から選ぶことができます。
 例えば今日、5月24日(水)はAがゴーヤの肉づめフライ、Bがさわらの木の芽みそ焼き、5月25日(木)はAが揚げ豚のごまみそがらめ、Bが真あじの酢じょうゆ漬け、といった具合です。
 ご飯は玄米か白米を選ぶことができます。両方を半々に盛ったハーフもあります。
 お店の雰囲気も定食そのものも自然でほっとする感じです。
 昔、青梅にKIVA(キヴァ)という自然食レストランがあったのですが、そこに似た印象を受けました。
 KIVAはもうないだけにこの店を発見できてとても幸せです。
 場所は次をクリックしてください。

http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.36.6.8N35.39.57.6&ZM=11&CI=R&OMAP=E139.36.6.8N35.39.57.6&SMAP=E139.36.6.8N35.39.57.6&SP=1&MS=1&KN=0&CTG=&CT=&CW=&s1=%A2%A9157%2D0062%20%20%C5%EC%B5%FE%C5%D4%C0%A4%C5%C4%C3%AB%B6%E8%C6%EE%B1%A8%BB%B3%A3%B6%2D%A3%B8%2D%A3%B7


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ままごと屋・塩船観音 [のんびり散歩]

塩船観音2006.05.06

 ゴールデン・ウィークの最後に青梅に行ってきました。
 ケーブルカーとリフトを利用して御岳山に登ってから〈ままごと屋〉
http://www.sawanoi-sake.com/mamagotoya/で昼食をとりました。
 ビロード豆腐アンチョビ添えがなかなかの味でした。
 豆腐にオリーブオイルってけっこう合うんですね。
 食事の後は〈塩船観音〉http://www4.ocn.ne.jp/~kannonji/frameindex.htm
でツツジを堪能しました。
 例年よりやや開花は遅れ気味のようですが、それでも写真の通り見事な
ツツジを楽しめました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大久野フジ、見頃はまだ [のんびり散歩]

大久野フジ2006.5.4

 JRの駅に置いてある「青梅・五日市線ウォーキングマップvol.1」を見て武蔵五日市まで行ってきました。
 目当ては大久野フジ。
 ウォーキングマップにある見事なフジの写真に魅かれて行ってみたのですが、まだ早かったようです。
 地元のおじさんの話によれば、5月の下旬くらいがいいのでは、とのこと。
 「見頃:4月下旬〜5月上旬」と書かれたウォーキングマップに一杯食わされました。
 まあ大久野フジを見ることはできなかったのですが、天気もよく気持ちのよい休日散歩ができました。
 特に収穫は偶然見つけた「うどん 母屋(おもや)」。
  日の出町大久野990-4 Tel.042-597-1870
 築90年の民家を使った店で、午前11時から午後2時半までしか営業していません。
 とてもコシのあるざるうどんが500円で食べられます。
 武蔵五日市の駅から大久野フジへ向かう途中、かやくぼの交差点を右折。200メートルほど進むと左手に看板が見えてきます。
 おすすめです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

玉川上水緑道を散歩する [のんびり散歩]

武蔵野

武蔵野

  • 作者: 国木田 独歩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫


 中央線武蔵境駅で降りて、玉川上水のほとりを散歩してきました。
 駅前の通りにあった〈沖縄居酒屋ろかーる〉で「沖定食」を食べました。
 ソーキそばにジューシー(雑炊)、ゴーヤーちゃんぷるーにもずくがついて780円はかなりお得です。
 詳しくは、http://r.gnavi.co.jp/g856301/ をご覧ください。
 さて、しばらく歩くと桜橋に到着します。
 橋を渡ってすぐ左に「国木田独歩文学碑」はありました。

「今より三年前の夏のことであった。自分は或友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から境まで乗り、其処で下りて北へ真直に四五町ゆくと桜橋という小さな橋がある。それを渡ると一軒の掛茶屋がある。」(国木田独歩『武蔵野』第六章)

 ここに出てくる「境」がすなわち武蔵境駅のことです。
 「掛茶屋」はさすがにもうありませんでしたが、当時の様子を想像するだけでも楽しいひとときでした。
 そのまま玉川上水に沿って上流へ向かいます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
- | 次の10件 のんびり散歩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。