So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東郷寺のしだれ桜 [のんびり散歩]

東郷寺.jpg
東郷寺(府中市)のしだれ桜を見てきました。
今日、明日が見頃のピークだと思います。
この機会にぜひ。
多磨霊園駅から歩いて行けます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

善光寺御開帳 [のんびり散歩]


善光寺御開帳公式ガイドブック

善光寺御開帳公式ガイドブック



善光寺御開帳に行ってきました。
朝8時半には着いたのですが、善光寺北川の第1・第3駐車場に入る車が1km近く列を作っていました。
列を外れ、TOiGOパーキング http://mkp.jp/toigo/ へ回ろうとしたところ、参道にある市営駐車場に入ることができました。
生憎の雨でしたが、人は多く、回向柱が20分待ち、前立本尊を見るための内陣参拝が80分待ち、お戒壇めぐりが60分待ち、御印文頂戴が10分待ちということでした。
参拝客が皆、傘をさしていることで列が長くなっているため、実際にはそれほど長くは待ちませんでした。
本堂では、前立本尊の他に、びんずる尊者、地蔵菩薩、弥勒如来、閻魔王といった仏像を拝むこともできました。
見仏好きの人にはたまらない感じです。
お昼は元屋 http://gourmet.yahoo.co.jp/0004477771/ でそばを食べました。
コシがしっかりしていてそば好きを満足させる店でした。
その後は、藤屋旅館 http://www.nagano-yado.jp/yado/yado07.html のティールームで一休み。
入り口は旅館の建物の右端にあります。
お店は木目調の落ち着いた雰囲気で、しかも空いていてゆっくりできました。
帰り道、八王子のあたりで天気が回復し、日が射してきました。
目の前に大きな虹が出て、とてもきれいでした。
実は、11年前に父を亡くして善光寺を参拝した帰り道でも虹を見ているのです。
天国の父が喜んで、ご褒美に見せてくれたのかなあ、と思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京で見られる国宝の仏像 [のんびり散歩]


仏像の楽しみ方完全ガイド

仏像の楽しみ方完全ガイド



東京で国宝の仏像を見ることができます。
副島弘道監修『仏像の楽しみ方完全ガイド』62ページ、「国宝彫刻全リスト」によれば、東京にも一つだけ国宝があります。
それは、大倉集古館にある「普賢菩薩騎象像」です。
大倉集古館は、ホテルオークラ東京にある私立美術館です。
    http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/shukokan/index.html
ランチもかねて近いうちに行ってみたいと思います。

秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ 私を愛した黒烏龍茶 [映画]




映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ 私を愛した黒烏龍茶』を見てきました。
TOHOシネマズ府中、11時からの回でFROGMANの舞台挨拶がありました。
そこで明かされた衝撃の事実……
映画第3弾の主役は、レオナルド博士とのこと!!
そして、ストーリーは「ダヴィンチ・コード2」をパクるということ!!!
公開は来年の今頃か、もう少し遅れるかも、という話でした。
いずれにしろ『秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ 私を愛した黒烏龍茶』は必見です。
98分間、飽きることがありません。
私も「世界征服」のため力を尽くしたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

根津神社〜三四郎池 [のんびり散歩]


三四郎 (岩波文庫)

三四郎 (岩波文庫)

  • 作者: 夏目 漱石
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/04
  • メディア: 文庫


根津神社につつじを見に行ってきました。
今年は暖かかったせいか、つつじはもう盛りを過ぎていました。
それでも、特別拝観の「三十六歌仙絵」や「随身」を見ることもでき、満足でした。
神社に行く前に腹ごしらえをした「釜竹」さんの釜揚げうどんも絶品でした。
一緒に頼んだ季節の野菜天ぷらも塩で食べるのがなかなか。
根津釜竹 [ うどん、そば、丼 ] - Yahoo!グルメ


参拝後は「ふるほん結構人ミルクホール」でひとやすみ。
アイスブラックとチーズケーキがこれまたなかなかでした。
  http://kekkojin.heya.jp/
今日の散歩の締めくくりは東大キャンパス内の三四郎池。
漱石の小説を読んで、頭の中で描いていた池がそのまま目の前に現れたような、そんな錯覚さえしてしまうような池でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

aiko『Love Like Pop vol.11』 [エンターテイメント]


秘密

秘密

  • アーティスト: aiko
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2008/04/02
  • メディア: CD


aikoのライブツアー『Love Like Pop vol.11』の皮切り公演を川口まで見に行ってきました!

 ツアー詳細→http://aiko.can-d.com/tour.shtml

アルバム『秘密』の曲を中心に約2時間40分、ファンと一体となったaikoならではのライブでした。
「桃色」「彼の落書き」なんかも歌ってくれました。
ライブ中、ファンの一人が今回のツアーTシャツの胸にある”×○×○”の意味を質問しました。
aikoは、”Kiss, Hug, Kiss, Hug”という意味だよ、と教えてくれました。
aikoは観客の質問にもちゃんと答えてくれます。
ライブのチケットを手に入れるのも難しくなってきたaikoですが、これからもよい曲をファンに届けてくれれることでしょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『空は、今日も、青いか?』 [国語教育]


空は、今日も、青いか?

空は、今日も、青いか?



『R25』に連載されている石田衣良氏のエッセイ「空は、今日も、青いか?」。
そのNo.182(2008年3月7日)で石田氏が『5年3組リョウタ組』を書くために学校を取材した話を読むことができます。
どの先生も皆忙しそうだったことにひどく驚いたと、氏は書いています。
授業の準備のためではなく、報告書などのペーパーワークが増量していて、「ガッコのセンセはお気楽などというのは過去の話」と実に現場の状況を的確に記述してくれています。
学校で働く身としては、この文章を多くの人に読んでいただいて教員の忙しさを理解してほしいと思っていまいます。
PISAの問題に触れた後、そのエッセイは次のようにしめくくられています。
「目のまえの子どもたちをもっとよく見てほしい。ほら、働く大人の表情を映して、つまらなそうに曇っているから。
 そちらのほうこそ大問題。」
全文はこちらをどうぞ。
  http://r25.jp/magazine/sora/1252008030601.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ポリス・ライブ・イン・コンサート [エンターテイメント]

シンクロニシティー

シンクロニシティー

ポリスの再結成ライブを見に東京ドームまで行ってきました。
オープニングは、「メッセージ・イン・ア・ボトル」。
スポットライトだけのかなりシンプルなステージ構成だったので、ああ、あえてこうしたのだろうと思っていました。
ところが、ところが。
モニターをふんだんに使い、ライブ映像と音楽に合わせたイコライザのような映像とステージの融合がすばらしい。
スティングのボーカルもスピーカーの音に乗ると、ここまで伸びのあるよい声だったかと思わせるほどすばらしいものでした。
CDを聞いたときには感じたことのない、まさにライブならではの実感でした。
ポリスが活躍していたのは901が高校生のとき。
あれから20年以上が経過し、まさかこの年齢になって生のポリィスが見られるとは思いもしませんでした。
よい思い出ができました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。