So-net無料ブログ作成
検索選択

日本民芸館 [のんびり散歩]

民藝とは何か

民藝とは何か


 久しぶりの日曜散歩で日本民芸館まで出かけてきました。
 井の頭線駒場東大前で降りて徒歩7分。
 今年は民芸館が創設されて70周年だそうで、特別展「柳宗悦と朝鮮民画」が開催されています。
  http://www.mingeikan.or.jp/html/exhibitions-events-mingeikan.html

 柳宗悦の直筆原稿も展示されています。
 その中の「民芸の趣旨」の冒頭文にひかれました。
 続きを読んでみたいなあ、と思っていたところ、ミュージアムショップで冊子を見つけ、300円で購入しました。
 その中で宗悦は「民芸」という言葉について次のように説明しています。

「民芸とは新しい言葉です。それが為或は之が民族芸術の略字とも解され、時折農民美術とも混同されました。又民衆芸術と云ふ華美な言葉にもとられました。併し吾々はもつと質素な意味で民衆の民と工芸の芸を取つて、此字句を拵へたのです。それ故字義的には民衆的工芸の謂なのです。」

 この文章を読んだお陰で、展示されているすべてのものが生き生きと迫ってくるものとなりました。

 帰り道、piyoko-ピヨコ-というシフォンケーキのお店に入ってみました。
  http://www.piyoko.info/index.html
 看板のオレンジシフォンケーキ、本当に美味しいです。
 今まで食べてきたシフォンケーキは何だったんだろう、というほどのおいしさ。
 生地はふわふわで、オレンジの香りが爽やかで、甘さもちょうどいい。
 おみやげに2切れ買ってしまいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。